出会い系サイト戦術のための戦略

フィールドには、様々な状況がある。
そのあらゆる状況に対応していくということ。

ルアーの種別というのは、それがよく考えられている。

しかし、残念ながら万能なルアーというものはない。
アングラーには、その選択する能力が求められる。

ひとつのフィールドには、シャローもあれば、
ブレイク、カバー、ウィードといったエリアがある。

そういったフィールド内のエリアという部分に対して、
どういったルアーを選択するかといった要素がある。

しかし、ここでは、もう一歩引いて考えてみたい。

ひとつのフィールドに様々なエリアがある以前に、
フィールドそのものにタイプがあることに着目したい。

それは、ダム湖だとか河川とかいったレベルではなく、
ダム湖の中にも、やはりタイプがあるというレベル。

ダム湖といっても、ウィードが豊富にあるところもあれば、
カバーが圧倒的に多いところもある。

逆に、双方共に乏しいというフィールドもあるだろう。

こうしたフィールド特性は、何を意味しているか。

それは、ルアーの向き不向きに影響し、
ルアー選択の大きな基準として使うことができる。

スピナーベイトで釣りたいからといっても、
カバーが乏しければ、その選択は得策ではないだろう。

減水傾向が強いフィールドならば、
シャローへの反応は期待できないかもしれない。

こうした大きな視点での「見切り」は、
限られた時間を効率的に使うことに直接影響する。

バス釣りは、基本的には、出会い系サイト確率のゲームなので、
この時間的な効率性は、釣果に大きな係わってくる。

フィールドのタイプや傾向はどういったものなのか。
その大きな視点で、まずは戦略を切っていく。

大局の視点に立つからこそ、見えてくる小局もある。

細かい戦術やテクニックといったものは
こうした大きな戦略の次に必要になってくるものだ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ