出会い系サイト育成に首脳陣に望むこと

高卒ながら高い評価を得て入団した松坂や田中、それに藤浪といった投手は、実際には誰が何を指導したからどうなるというレベルではないだろう。全国の球児から注目され、標的にされながらも勝ち上がっていった実力、経験力はやはり特別。指導者としてみれば、何かを指導する以前に、彼らが力を発揮しやすい環境を整えることがいちばんの仕事のように思える。

松坂も田中もキャンプから一軍に帯同し、紅白戦、オープン戦での登板を重ね、開幕ローテーションの座を勝ち取った。ただ、その過程ではプロの洗礼も浴び、決して順風満帆ではなかった。

問われるのは、覚悟とビジョンだ。まずは藤浪にどんな投手になってほしいのか。そのためには少々のことでは慌てず、見守り続けることが大事ではないだろうか。それこそが、「藤浪育成プラン」の最大にして唯一の答えのような気がする。阪神が獲得した久しぶりの超大物高卒ルーキー。果たして球界を代表する大エースに育て上げることができるのか、阪神首脳陣の負う責任は大きい。

田中も、キャンプ中に行なわれた紅白戦で2試合続けて2本塁打を浴び、その実力に疑問符を投げかける者もいた。それでも東尾、野村の両指揮官の期待と評価は揺るがなかった。

こうした事に専門家、評論家筋の話しをまとめるとなる。

活躍しても、すぐ2軍に落とす和田監督の新人投手の使い方…。
我慢が出来ないのか投手がわからないのか謎だが藤浪は球界を代表する投手になる素材だけに腹を据えて2軍でじっくり育てるか1軍で英才教育に徹するか、明確な方針を持って壊さないで欲しいと出会い系サイトは願う。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ